タグ別アーカイブ: ジャスタウェイ

未来に残る最強名馬達《ジャスタウェイ》

未来に残る最強名馬達《ジャスタウェイ》

ジャスタウェイは競馬予想にも大きく関わってくる名馬であり、父であるハーツクライとシビルを母に持ち生まれました。

生産牧場は社台コーポレーション白老ファームで、生年月日は2009年3月8日です。馬主はハーツクライの一口馬主としても知られている大和屋暁氏であり、須貝尚介調教師に管理されていました。
ジャスタウェイの通算成績は22戦6勝と勝ち鞍こそ少なくなっていますが、勝利したレースはどれも評価が高く最強馬としての呼び声も高い名馬としてファンにも支持を受けています。

特に主な勝ち鞍として知られるドバイデューティーフリーでは圧巻の強さを見せ、海外でのレーティングが世界一位になるなど多くのファンを驚かせました。

日本での勝ち鞍は天皇賞秋や安田記念などで、主にマイルから中距離までのレースで好走しています。

新馬戦を勝利した後は新潟2歳Sや東京スポーツ杯2歳Sなどのレースを好走し、3歳時にはきさらぎ賞や日本ダービーなどのクラシック路線にも出走しています。クラシック路線での目立った活躍はなかったものの、マイルから中距離路線では安定して好走していたジャスタウェイは古馬になってから強さを見せることになります。3歳時の勝ち鞍はマイル重賞でもあるアーリントンCのみと振るいませんでしたが、基本的に安定した走りを続けており重賞レースを走り続けました。

4歳の後半頃から本格化の兆しを見せ、重賞レースで2着を続けるなど他の馬に引けを取らない活躍を見せています。

G1レースに初勝利したのは4歳時の天皇賞秋とやや晩成傾向でしたが、それ以降は安定した走りを見せ引退するまでファンを魅了し続けています。引退後には種牡馬となり、多くの産駒が生まれています。