タグ別アーカイブ: 生年月日

未来に残る最強名馬達《アパパネ》

未来に残る最強名馬達《アパパネ》

競馬予想において、馬主金子真人ホールディングスは絶対に無視できない存在です。なぜなら現在日本一の生産牧場であるノーザンファームと強いパイプを持つ最強の個人馬主だからです。金子真人ホールディングスの最強牝馬と言えば、2010年に牝馬3冠に輝いたアパパネです。

アパパネの生年月日は2007年4月20日、生産牧場はノーザンファームです。アパパネの父は金子真人氏所有のダービー馬であるキングカメハメハ、母はソルティビッドです。調教師は美浦の国枝栄です。

アパパネは2009年7月に福島競馬場でデビューしました。これからも分かるように、それほど期待されていたわけでは無かったのです。実際3番人気で3着とイマイチな結果でした。しかし3ヶ月の休養後ガラリと馬が変わりました。未勝利戦、500万特別を連勝して挑んだ阪神ジュベナイルフィリーズでは、大外枠が嫌われて2番人気に支持されたものの見事に差し切って優勝したのです。

翌年アパパネは、3月のチューリップ賞は2着に敗れたものの、桜花賞・オークスを連勝し、春のクラシック2冠に輝きました。秋はローズSから始動したもののまさかの4着に沈み、牝馬の調整の難しさが露呈されたのです。しかしクラシック3冠目の秋華賞では見事に立て直し、史上3頭目の牝馬3冠馬となったのです。

翌年からはマイル路線に標準を合わせ、アパパネはマイラーズCからスタートしました。初戦はやはり4着に敗れたものの、続くヴィクトリアマイルではブエナビスタを差し切り見事に古馬牝馬No.1に輝いたのです。しかしこれが最後の勝利となり、翌年故障で引退となりました。

アパパネの通算成績は19戦7勝で、主な勝ち鞍は阪神ジュベナイルフィリーズと牝馬3冠レース、ヴィクトリアマイルです。デビューした2歳時を除いた勝ち鞍が、全てG1レースという完全に叩き良化型の馬でした。

未来に残る最強名馬達《ドリームジャーニー》

未来に残る最強名馬達《ドリームジャーニー》

JRAの競走馬として活躍したドリームジャーニー。通算成績は31戦9勝。主な勝ち鞍は、朝日杯フューチュリティステークス、宝塚記念、有馬記念(いずれもGⅠ)で、生涯獲得賞金はおよそ8億5000千万円。生年月日は2004年2月24日生まれであり、生産牧場は社台コーポレーション白老ファームで、馬主はサンデーレーシングという、いわゆる社台グループの所有馬でした。

父はステイゴールド、母はオリエンタルアート。父と母の名前を聞いてピンと来る方がいるかもしれませんし、競馬ファンには周知の事実とも言えますが、あの名馬オルフェーヴルの兄弟であり、ドリームジャーニーが全兄になります。生産者もオーナーも一緒で調教師も池江泰寿氏で同じです。主戦ジョッキーも 池添謙一ジョッキーなのですから、もはや何から何まで一緒です。

ドリームジャーニーは父のステイゴールドに似て競走馬としてはやや小柄なサラブレッド(オルフェーブルは中柄)でしたが、その末脚は豪快でした。俗に言う「切れ味の鋭い」脚質を持っており、数々のレースでファンや関係者を魅了しました。出走レースでの単勝オッズは1番人気から4番人気あたりに支持されることが多く、競馬予想誌では本命の常連。

ただ、予想家たちを悩ませたのが、そのレース内容です。完勝したかと想いきや、2桁台の着順で惨敗したり、実に安定性の低い馬でした。これはデビューから言われていた出遅れ癖や、かかり気味の気性難であったり、左回りのレース場では内にもたれる癖があったりと、いくつかの課題があったからだと言われています。それでも「本番レース」と焦点をあてた重賞戦ではキッチリと仕上げて、結果GⅠを4つ、GⅡ2つ、GⅢ2つといった重賞タイトルをいくつも獲得しているのですから、池江厩舎とドリームジャーニーの凄さが分かります。

未来に残る最強名馬達《シーザリオ》

未来に残る最強名馬達《シーザリオ》

人気を分け合う馬の主戦騎手が同じ場合、その騎手がどちらを選択しても競馬予想では大きな要因となります。

シーザリオの生年月日は2002年3月31日、生産牧場は日本が誇る社台グループの一つであるノーザンファーム、馬主はノーザンファーム生産馬を取り扱うキャロットファームでした。

同馬は、2004年12月のデビュー戦で勝利を収めるものの目立った勝ち方ではなく、続く500万条件の寒竹賞では4番人気に留まりますが、ここで後に牡馬クラシック路線で活躍し重賞を3勝するアドマイヤフジや、皐月賞の前哨戦であるスプリングSに優勝するダンスインザモアなど、強力馬を下した事から一躍人気を集める存在になります。そして初重賞となったフラワーCで、単勝1.4倍の圧倒的な人気に応えて優勝し、牝馬クラシック第一弾、桜花賞へ駒を進めます。

しかし、桜花賞ではそれまでの3戦で騎乗した福永祐一が、前年の阪神JFで3着となった重賞2勝馬のラインクラフトへ騎乗する事となった為、名古屋競馬のトップジョッキー吉田稔が代わって手綱を取る事になります。本番ではラインクラフトを抑えて一番人気になるものの、同馬に届かず2着に惜敗しました。続く優駿牝馬(オークス)では、ラインクラフトが回避した為、再び福永が手綱を取り、一番人気に応えて優勝します。

そして、同年7月に米国遠征を行い、アメリカンオークスを4馬身差のレコードタイムで圧勝します。これは、角居勝彦調教師と父スペシャルウィークの初の海外G1制覇および父内国産の日本調教馬として初の海外国際G1制覇、並びにクラシックホース初の海外G1制覇、さらに日本調教馬として初の米国G1制覇という記録ずくめの勝利となりました。

その後、繋靭帯炎により通算成績6戦5勝、主な勝ち鞍は日米のオークスで引退すると、母としてエピファネイア、リオンディーズという2頭のG1馬を輩出しています。

未来に残る最強名馬達《ハープスター》

未来に残る最強名馬達《ハープスター》

「速く走る」ことを宿命づけられ、この世に生を受けてきた競走馬たちですが、その類まれなる才能を発揮できないまま、現役を終えるケースは非常に多いです。「ハープスター」。彼女もまたそんな悲劇の1頭です。

ハープスターは父ディープインパクト、母ヒストリックスターの間に鹿毛の牝馬として誕生します。生年月日は2011年4月24日生まれ。生産牧場はノーザンファーム、馬主はキャロットファームと、いずれも日本を代表する競馬界の盟主です。

調教師は栗東の松田博資。通算成績は11戦5勝。主な勝ち鞍は新潟2歳ステークス、チューリップ賞、桜花賞、札幌記念など。この中で印象的なレースと言えば、新潟2歳ステークスと桜花賞です。新潟2歳ステークスでは後に皐月賞を制覇するイスラボニータに圧勝。しかも直線入り口までは後方に位置しながらの差し切り勝ちでした。

桜花賞も同様であり、直線後方から他の17頭を全て抜き去り、見事栄冠を手にしました。その次元が違うと思わせる走りは、日本馬として初の凱旋門賞制覇を期待させる活躍っぷりでした。凱旋門賞のステップレースとして選択した札幌記念で現役日本最強馬の呼び声の高かったゴールドシップを破り、万全の状態でフランスへ渡ります。そして凱旋門賞のレースでも、いつものハープスターの走りを予感させる後方待機。しかし最後の直線でそれなりに伸びたのですが、大きく届かず6着と惨敗。どこで歯車が狂ったのか…。ハープスターの場合はこの辺りなのかもしれません。

国内に戻っても本来の走りは身を潜めます。あの驚異的な末脚は見られず、最後の直線は他の馬と脚色が一緒になってしまいます。結局ケガも重なり、競走馬としては早い引退となってしまいます。デビューから数々の競馬予想誌のトップを飾ってきた素質馬としては物足りない生涯成績となりましたが、繁殖牝馬として、今度は子供達にその最強の走りを引き継いでもらいたいものです。

未来に残る最強名馬達《キングカメハメハ》

未来に残る最強名馬達《キングカメハメハ》

競馬予想の常識から外れた馬はいつの時代も名馬と呼ばれます。キングカメハメハは、日本ダービーとNHKマイルカップという全く異なる距離のG1を優勝した競走馬です。

同馬の生年月日は2001年3月20日、生産牧場は日本を代表するノーザンファーム、世界中でG1馬を輩出する父キングマンボと母マンファスの間に誕生し、馬主は日本史上最高の個人馬主と知られる金子真人、調教師はダービートレーナーの松田国英であり、デビュー前から注目されていました。

同馬は松田の「引退後の種牡馬としての価値を考え、1600mの短距離と2400mの長距離の異なる距離のG1を勝つ」という独特の育成方法を体現した馬と言われており、こうした考えからクラシックを重視する事なく、出走レースを選択していました。そして調教師の期待に応えた同馬は、クラシックの皐月賞を回避し、1600mのNHKマイルカップと2400mの東京優駿で、それぞれレコード勝ちを収め変則二冠馬と呼ばれました。ただ、同年の天皇賞(秋)を目指した調整中に浅屈腱炎を発症し、通算成績は8戦7勝、主な勝ち鞍は東京優駿とNHKマイルカップで引退します。

しかし、種牡馬となった同馬には当時の史上最高額となる21億円のシンジケートが組まれ、松田の理想通りの高評価を得る事に成功します。また、当時の国内の生産界が日本史上最高の種牡馬と言われたサンデーサイレンスとその産駒が席巻しており、それらの血統を持たない同馬との配合する事で血の飽和を回避する目的で優秀な繁殖牝馬が集まったという背景もあり、年間種付け数266頭という日本記録を達成するほどの人気となりました。

その結果、牡馬二冠馬ドゥラメンテと牝馬三冠馬アパパネでクラシックを、ロードカナロアで日本と世界の短距離を、ホッコータルマエで中央と地方のダート界を制するなど次々と活躍馬が誕生し、種牡馬として極めて優秀な成績を収めました。

未来に残る最強名馬達《ロードカナロア》

未来に残る最強名馬達《ロードカナロア》

競馬予想史にも残る名馬として知られるロードカナロアは、やや晩成型の成長曲線を描きさまざまな短距離G1を勝利しています。2013年の年度代表馬としても選出されている他、最優秀短距離馬としても選ばれている名実ともに知られる名馬です。

ロードカナロアの父は種牡馬として実績も高いキングカメハメハであり、母はレディブラッサムです。
生年月日は2008年3月11日で、栗東の安田隆行調教師の元で管理されました。

生産牧場はケイアイファームで、馬主はロードホースクラブです。

ロードカナロアの通算成績は19戦13勝で、高い勝率を誇っています。19戦全てで3着以内に入着しており、高い能力を持った名馬として多くのファンに知られています。新馬戦を快勝した後ジュニアカップで2着となり、その後は主に1200mの短距離レースを使われています。500万下のレースであるドナセラ賞で勝利した後は、オープン級のレースを2連勝し、G3である京阪杯とシルクロードSも連勝しています。

初めて出走したG1レースである高松宮記念では3着に敗れていますが、その後も安定した成績で走り続けました。2012年のスプリンターズSで初めてG1レースを勝利しています。その後は2013年のセントウルSでハクサンムーンの2着に敗れた以外は全て勝利しており、マイル戦である安田記念にも優勝しています。

主な勝ち鞍としては、スプリンターズSや香港スプリントを2連覇していることが挙げられます。
2013年の香港スプリントがラストランとなり、香港の競馬ファンにも強い印象を残しています。
もちろん引退後は種牡馬となり、多数の牝馬と交配を行っています。多くの産駒が生まれているため、今後の活躍も期待されます。

未来に残る最強名馬達《ジャスタウェイ》

未来に残る最強名馬達《ジャスタウェイ》

ジャスタウェイは競馬予想にも大きく関わってくる名馬であり、父であるハーツクライとシビルを母に持ち生まれました。

生産牧場は社台コーポレーション白老ファームで、生年月日は2009年3月8日です。馬主はハーツクライの一口馬主としても知られている大和屋暁氏であり、須貝尚介調教師に管理されていました。
ジャスタウェイの通算成績は22戦6勝と勝ち鞍こそ少なくなっていますが、勝利したレースはどれも評価が高く最強馬としての呼び声も高い名馬としてファンにも支持を受けています。

特に主な勝ち鞍として知られるドバイデューティーフリーでは圧巻の強さを見せ、海外でのレーティングが世界一位になるなど多くのファンを驚かせました。

日本での勝ち鞍は天皇賞秋や安田記念などで、主にマイルから中距離までのレースで好走しています。

新馬戦を勝利した後は新潟2歳Sや東京スポーツ杯2歳Sなどのレースを好走し、3歳時にはきさらぎ賞や日本ダービーなどのクラシック路線にも出走しています。クラシック路線での目立った活躍はなかったものの、マイルから中距離路線では安定して好走していたジャスタウェイは古馬になってから強さを見せることになります。3歳時の勝ち鞍はマイル重賞でもあるアーリントンCのみと振るいませんでしたが、基本的に安定した走りを続けており重賞レースを走り続けました。

4歳の後半頃から本格化の兆しを見せ、重賞レースで2着を続けるなど他の馬に引けを取らない活躍を見せています。

G1レースに初勝利したのは4歳時の天皇賞秋とやや晩成傾向でしたが、それ以降は安定した走りを見せ引退するまでファンを魅了し続けています。引退後には種牡馬となり、多くの産駒が生まれています。

未来に残る最強名馬達《シンザン》

未来に残る最強名馬達《シンザン》

競馬予想の長い歴史の中で、シンザンは最強の呼び声も高い五冠馬として有名です。人気と実力を兼ね備えた競走馬であると同時に、引退後には種牡馬として驚異的な長命を保ったことも有名です。シンザンの生年月日は1961年4月2日で、北海道の浦河町が出生地になります。

父はイギリス生まれのヒンドスタン、母は青森生まれのハヤノボリという血統です。生産牧場は北海道にある松橋牧場ですが、生まれた当初は松風と呼ばれていました。その後には馬主の橋元幸吉に素質を見出され、当時としては破格の値段となる320万円で引き取られています。出生地の松橋牧場は手狭な環境になっていたことから、すぐに別の牧場に移されて、競走馬としての基礎体力を養うことになりました。

競走馬としての実力は、調教師の武田文吾による指導によって引き出され、デビュー後から大活躍することになったのです。1963年にデビューしてからは連戦連勝を重ねて、翌年の1964年にはクラシックの三冠レースに出場することになります。最初の皐月賞では文句なしの一番人気に推されて、結果的には圧勝で最初の栄冠を手にしました。その後には無敗の記録が途絶えましたが、日本ダービーでは圧倒的な強さを見せて勝利しています。

1964年の秋には菊花賞に勝利して、戦後初の三冠馬が誕生しました。三冠を達成した後には、一時的に体調を崩すこともありましたが、依然として強さを発揮していたのです。最終的には1965年の有馬記念に勝利して、五冠馬として余力を保ったままで引退しました。主な勝ち鞍はクラシック三冠のレースに加えて、宝塚記念や秋の天皇賞も含みます。最終的な通算成績は19戦15勝ですが、敗れたレースの全てが2着なのも驚異的です。

未来に残る最強名馬達《エルコンドルパサー》

未来に残る最強名馬達《エルコンドルパサー》

競馬予想で血統は重要な要因となります。

エルコンドルパサーは、生年月日が1995年3月17日であり、凱旋門賞で2着となった初めての日本調教馬、あるいは日本馬の世界挑戦の礎を築いた馬として知られています。

馬主の渡邊隆は、同じ馬主である父の影響もあり血統に深い造詣があり、自ら考えた配合で競走馬を生産する事がありました。渡邊は自らが憧れる牝系の牝馬を世界中で探し、エルコンドルパサーの母となるサドラーズギャルを購入します。同馬を預けた生産牧場のレーンズエンドファームに繋養されていキングマンボが同じ牝系の名馬ミエスクの子供である事から、渡邊は同馬を父に選択しました。

同馬の功績は、長期に亘る海外遠征の重要性を認識させた事、および11戦8勝(うち海外4戦2勝2着2回)という通算成績で日本調教馬のレベルの高さを証明した事であり、それは馬主の渡辺と調教師の二ノ宮敬宇の勇気と手腕によって達成したものです。

当時から現在に至るまで、島国である日本は検疫が厳しく、長期に亘る海外遠征が行われる事はほとんどなく、その戦績も芳しくありません。しかし、同馬は3歳(旧齢4歳)の秋に当時国内唯一の国際GⅠであるジャパンカップに勝利すると、翌年の春から秋までフランスで走り海外で2勝を上げます。主な勝ち鞍であるサンクルー大賞では日本馬初の2400メートルの海外GⅠ制覇であり、前年の欧州年度代表馬ドリームウェルや前年の凱旋門賞馬サガミックスなど欧州の一線級を相手の勝利と、非常に価値のある結果となりました。また、凱旋門賞では2着だったものの、歴史的名馬モンジューと接戦を演じ、2頭のチャンピオンと評されました。

引退後は、年100頭を超える交配を行っていましたが、3年目の交配を終了後に腸捻転により死亡しますが、残されたわずかな産駒から菊花賞やダートGⅠを数多く制した競走馬を輩出し、自身の能力を後世に伝える事に成功しました。

未来に残る最強名馬達《ウオッカ》

未来に残る最強名馬達《ウオッカ》

ウオッカは父にタニノギムレット、母にタニノシスターを持っています。父も母も馬主である谷水雄三氏の所有馬であり、生産牧場はカントリー牧場です。

ウオッカの生年月日は2004年4月4日で、栗東の角居勝彦調教師のもとで管理されました。

通算成績は26戦10勝ですが、その多くは牡馬との混合戦で勝利したものであり競馬予想にも度々関わってくる名馬として知られています。

主な勝ち鞍として記録に残るのは、日本ダービーでしょう。ウオッカは牝馬として牡馬クラシックである日本ダービーを勝利する偉業を成し遂げたこともあり、多くのファンを獲得しています。

2歳の新馬戦で勝利した後は黄菊賞に出走して2着となりますが、2歳女王を決める戦いでもある阪神ジュベナイルフィリーズでは優勝を果たします。3歳時にもステップレースであるエルフィンSとチューリップ賞を連勝し、桜花賞でも1番人気に支持されるなどファンにも強さを認められていました。

しかし、ウオッカは桜花賞ではダイワスカーレットの2着に敗れています。この後もウオッカはダイワスカーレットとライバル関係にあり、さまざまなレースで死闘を繰り広げることになります。

日本ダービーを勝利した後は勝ち星からしばらくの間遠ざかっていたものの、2008年の安田記念で勝利した後は天皇賞秋でも優勝し、ジャパンカップや毎日王冠でも好走を見せています。

2009年には武豊を背にヴィクトリアマイルと安田記念を連勝するなど、マイル路線では無類の強さを見せていました。

またこの年にはジャパンカップも制しており、名馬として認められる成績を残しています。

ウオッカは引退後に繁殖牝馬となり、現在はヨーロッパで交配を行っています。

〜競馬予想オススメ-

競馬予想をする上で様々な情報を集めることが勝利への近道になります。しかし、その情報をどこで手に入れるか?競馬新聞なのか?競馬予想サイトなのか?競馬好きの知人なのか?情報を得る場所は様々です。ですが競馬予想初心者は競馬予想サイト口コミで選ばれたサイトの無料情報を使うことが勝利への近道といえます。ここでは多数の口コミで選ばれた日本屈指の競馬予想サイトを紹介していますね。